Home

訪問診療・ヘルスガード企画ブログ・歯科・クリニック・サロン開業物件、居抜き、開業支援 コンサルタント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ビジネスで体得するもの

歯科医師になったけれど、技術の収得だけで成功したい!!
営業や宣伝など考えたくない。人も出来ればやといたくない。などと技術の勉強だけ集中したいという歯科医師もいるだろう!!
基本的に組織に埋もれたり、命令されたり、組織の歯車の一部になりたくない属性が集まっている業界人だからです。
また、仲間意識が強く敵対意識も人一倍強い属性です。
そんな意識を持った業界であっても、ライバルが増えて競争しながら生き残る為に、避けたいところだが営業や宣伝をしなければなりません。
そんな営業や宣伝を避けて技術に集中して成功したい先生は、口コミとリピートを体得してください。
けして簡単ではありません。
しかし、ここを増やせることにフォーカス出来れば体得できます。
患者さんが何回も来院頂いて周りにも広めてもらうことが出来ればライバルが多くても成功していきます。
患者さんの選択肢は、先生の技術ではなくて身近な声によって歯科医院を決めています。例えば奥さんの声、奥さんの知り合いからの声、上司、知人などの口コミです。

そこで思い通りの歯科医院であればリピートします。周りに歯科医院を広めてくれます。

そして、ビジネスに勝つには原理原則として人の気持ちを分かること。です。

また、幸運によって成功される先生もおられますが、幸運はその先生の信用で運が開けます。
また、幸運を掴む5つの生き方には、
1、周囲との協調関係を重視する生き方。スタッフや仲間を大事にする生き方です。
2、サービスに徹する生き方。
3、人に命令する生き方=リーダーシップを発揮する生き方です。
4、権力に対して忠実であり、不平不満があっても表に出さずに組織の中にいる生き方ができ常に下手に出る生き方の出来る方。
5、人に物事を教えることを喜びとする生き方。知識を伝える生き方のできる人です。

今年も、残り少ないけれども、是非、口コミとリピートを増やす努力をしてみてください。
必らず幸運が引き寄せられます。


【ブログ引越のお知らせ】2016年1月の記事より、新ブログから記事を更新して参ります。
新ブログURL:
http://www.shika-kaigyo.com/case/cate_4/

これからも、有益な情報発信ができればと思いますので、
引き続き宜しくお願い致します。


今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!

感謝を込めて!


*開業・運営に関するご質問がありましたら、どんなことでもご相談ください。

*開業には、弊社の”ヘルスガード開業パック”をおすすめします!

*ホームページの閲覧は、次のヘルスガード企画をクリックしてください!

ヘルスガード企画


オーダーリース物件

最近、開業物件の中に、オーダーリース物件で開業される先生が増えています。
理由は、勤務しながら時間をたっぷりかけて開業準備が出来るからです。

特に分院長をしている先生にとっては、後任が見つからず直ぐに辞めることが出来なくて開業のタイミングを逃す先生もいるからです。
オーダーリースの場合は、土地(更地)の状態から初めて行くので、先ずは立地環境が優選になります。
環境が良ければ次に何もないところから歯科医院のイメージを創り込んでいく作業になります。
メリットとしては、入口の位置から広さ・雰囲気と先生の好みで時間をかけて創り込むことが出来ます。
デメリットとしては、何もない状況なのでイメージを創り込むことが苦手な先生は、不安しか残りません。

前者の先生にとっては、物件の契約をしてから建物が完成するまで、賃料が発生せずにゆっくり時間をかけながら内装工事以外の医療設備の選定やホームページの立ち上げ・求人募集などをひとつひとつ納得しながら決めていくことが出来ます。

内装工事着工の前には、建築確認の申請・許認可・地鎮祭などがあるので、それに合わせた準備が求められることがありますが、インターバル期間が永いので勤務しながら診療後に打合わせをするだけでも間に合います。
よって、休診日には家族サービスや講習会・知人の歯科医院の見学にも行ける余裕が出てきます。

おまけに一戸建てのプランですと個人の主張を強めた歯科医院にすることも出来るし、扉の位置・かたち・色または外壁・植栽まで選択が出来ます。

ここで、難しいのは、植栽選びです。植木には種類と木の高さ・色合い・成長度合いなど様々の要素を考えて選ばなければならないからです。

思い通りに出来た時は、嬉しさ倍増です。

是非、オーダーリースにご興味がある先生は、ヘルスガードでお手伝いさせてください。

ちなみに、埼玉県にあるさいたま市北浦和駅から与野駅にかけたロードサイドのオーダーリースと越谷市にある駅前1階の計画もございます。
東京都内には、港区ですが1階に入れるオーダーリースもございます。現在、募集中です。(平成27年11月現在)

後は、小田原・大磯に居抜き(賃貸・不動産の購入)がそれぞれございます。募集中です。


今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!

感謝を込めて!


*開業・運営に関するご質問がありましたら、どんなことでもご相談ください。

*開業には、弊社の”ヘルスガード開業パック”をおすすめします!

*ホームページの閲覧は、次のヘルスガード企画をクリックしてください!

ヘルスガード企画




付加価値発想法!!

物や情報が溢れてくれば選ぶ側は、付加価値によって動きます。
付加価値とは、歯科医院に来る価値、リピートする価値、紹介したくなる価値があって、来院の動機、再来の約束、新規開拓に繋がります。

この付加価値には、
1、情報の深掘りをしてその情報にひと手間かけていくと付加価値が生まれてきます。
例えば、健康という情報にはマクロ的な健康とミクロ的な健康(歯に特化した健康など)が見いだせて、それぞれ深掘りしてひと手間加えて繋げていく健康を歯科医院から発信していく付加価値です。
付加価値には、隠れた欲求とニーズが見つかります。

2、逆のことをする。例えば先生は診断・治療すしてお金を貰う立場です。その先生が無関係な歯科医院を選んで診断・治療を受けることと同時にお金を払う立場に変わります。それだけでも、視点が変わります。景色がかわります。ここにも、隠れた欲求とニーズが見つかります。

3、他業界の構造をモデリングする。例えばドラッグストアや東急ハンズなどデンタルコーナーで一番流行っている商品を見つけ、流行ったものの構造を歯科業界に採りいれてみることです。

4、リネーム、リメイク、リセグメントしてみる。例えば治療の名前を考え直す。内装を変えてみる。対象となるセグメントを定義し直してみることです。

5、質問を使ったテンプレートに言葉を当てはめること。例えば無痛でなければ歯科医院じゃない。楽しくなければ歯科医院じゃない。感動しなければ歯科医院じゃない。などテンプレートに言葉を当てはめていくとそこからアイデアが溢れてきます。

どうぞ、オリジナルな歯科医院の付加価値を創ってみてください。


今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!

感謝を込めて!


*開業・運営に関するご質問がありましたら、どんなことでもご相談ください。

*開業には、弊社の”ヘルスガード開業パック”をおすすめします!

*ホームページの閲覧は、次のヘルスガード企画をクリックしてください!

ヘルスガード企画


開業の実態

多くの先生は開業地を決めるまでは慎重に探しておりますが、開業地が決まってやっとの想いで開業しても、実態は、開業後は患者さんが少なくてもバタバタ忙しい・・・・、新しいことだらけでペースがつかめない・・・・・・、スタッフとのコミュニケーションや患者様との関係がうまくとれない・・・・・などなど、院長の心と身体は不安だらけです。

また、社会が本当に待ち望んでいる歯科医師、歯科医院とはどのようなものか?勝ち残れる歯科医師になる為に身に着けるべき意識とは?磨くべき能力とは?
迷いに迷って開業後、患者さんがなかなか増えなくて落ち込んでいる開業医が増えています。

そんな問題を解決して本来の治療に専念できる環境をつくっていく為に、今後の計画として2本の柱を用意しています。

院長のマインドセットと驚異の増患経営論を開業前・開業後提供していく仕組みが出来上がりました。

1つは、院長のマインドセットのお手伝いをする為に、健康運動指導士の資格をもって開業後の先生の心と身体の不安を成功へと導くトップコーチングと居抜き開業で大成功された、月間レセプト120枚の格安居抜き歯科医院を5年で月間レセプト1000枚超えの地域1番人気歯科医院へ変貌させた経営術と脅威の増患経営論を指導して頂ける現役実務者の医療法人RAISE理事長齊藤先生と大阪でスタジオを経営してキッズからシニアまで、心と身体の健康を骨盤メソットをメインにレッスンで指導している健康運動指導士の小笠原さんから院長にトップコーチングを受けて頂いております。

ご興味がある方は、先ずはお問い合わせをください。定期的にセミナーも行っておりますので、ご案内致します。


今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!

感謝を込めて!


*開業・運営に関するご質問がありましたら、どんなことでもご相談ください。

*開業には、弊社の”ヘルスガード開業パック”をおすすめします!

*ホームページの閲覧は、次のヘルスガード企画をクリックしてください!

ヘルスガード企画


歯科医院とのコラボ

現在、来春オープンに向けて準備している歯科医院があります。
ここは、歯科医業+健康を提供していくコラボです。

健康の部分は、健康運動指導士の資格をもった実務者と行っていく予定です。
以前から口と健康は繋がっています。
このコラボによって、歯科医院にいくことで健康な人が更に健康になるコンセプトでホームページも創りこんでいます。

これが、ブームになったときに、そこにビジネスチャンスがある訳です。

また、これから歯科医院とのコラボの経過をライブで発信していきたいと思います。

口からの影響をもっともっと深く考えていきましょう!!

当然、大学では勉強していない領域です。

「誰と」組むかでファクターが広がってきます。

そして患者さんが幸せになるコラボが求められます。


今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!

感謝を込めて!


*開業・運営に関するご質問がありましたら、どんなことでもご相談ください。

*開業には、弊社の”ヘルスガード開業パック”をおすすめします!

*ホームページの閲覧は、次のヘルスガード企画をクリックしてください!

ヘルスガード企画


物件探しの前に自分探し

情報を探すには、今はインターネットで検索ワードを入れれば直ぐに見つかります。
また、情報量が多すぎて迷って不安になる時代でもあります。
物件検索も同じで、物件は地域と大きさ、賃料などある程度の諸条件を入れると情報は手に入ります。
情報によって手に入れた物件でも、歯科医院の成功までは手に入りません。
どこで開業することも大事ですが、何を誰に誰がどこで行うのかも大事です。
先ずは、歯科医師である前に自分が何者である情報を入手してみてください。
例えば、インターネットの検索ワードで自分(フルネーム)を入れても簡単には的確な答えはでてきません。
だからこそ、自分が何者かがわからい状態であれば迷いがでて自信が持てず見えない壁で先に行けなくなります。

歯科医院は場所で成功するのでなくて、いかにそこから価値を提供し続けるか!!で成功が生まれてきます。
人は、不安があると動かなくなります。
それをよく見えない壁がふさがると言われますが、その壁は、その人のもった心の壁で、そこには苦手意識や恐怖心があって、意思決定する力が不足していきます。

また、覚悟がないと開業寿命が延びていきません。
自分が何で歯科医師の仕事を選んだのか?自分は何で患者さんに価値を提供していけるのか?が分からないと、コンセプトとビジョンが創れません。

自分探しをして自己分析が出来れば自分の優位性がわかり、後は経験値によって素早い動きができます。
そこが明確になれば物件のポテンシャルと相乗効果が働いてコンセプトとビジョンが輝いてきます。

そこが光れば集客は苦労しません。
なにげなく紹介される歯科医院になるからです。
この「なにげなく」が重要です。

その「なにげない」紹介が増えてくる法則には、
1、話題性があって口コミがおこります。
2、リピートがすることによって、患者さんの満足度がどんどん高まります。
1、2がマッチして、そこに実績と経験値が重なると「なにげなく」の紹介の入り口が出来あがります。
この先に、「よっぽどの優れた実績」があれば紹介の流れに自然にのってきます。並みの実績では簡単にはのれません。

それでも、増えて来ないようでしたら、技術力を見直してください。

後は、チャンスを掴めるかで開業の成功の明暗が決まってきます。
チャンスは、焦ると逃げていきます。自然の流れでチャンスを見つければ偶然の一致でチャンスが掴めます。

「見えない壁」を壊すには、自分探しをして自分分析力を高めていければ、壁が減ってきます。

それでも残る壁は、覚悟を決めて乗り越えてください。

見えない壁で不安も持っておられる先生は、先ず自分探しをして見えない壁を減らして残った壁を克服していきましょう!!


今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!

感謝を込めて!


*開業・運営に関するご質問がありましたら、どんなことでもご相談ください。

*開業には、弊社の”ヘルスガード開業パック”をおすすめします!

*ホームページの閲覧は、次のヘルスガード企画をクリックしてください!

ヘルスガード企画


変化ある歯科医院を目標に!!

過去と現在と未来はいつも、一致してなく、過去の成果・実績は歴史に刻まれ時が流れ、また時代に合った新しい成果・実績が生まれ常に変化していきます。

過去から未来に繋げていく力は、技術だけでもなく、もちろん体力だけでもありません。
マーケティングに特化する力です

生物学の権威、ダーウィンは唱えました。
『最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である』
生き延びた生物は、
「最も環境に適応して変化したから」だというのです。

ビジネスも、時代の変化に合わせてビジネス形態を変えることで、ビジネスチャンスを発見し、「時代の変化」に適応することを目標にすればビジネスは成功していきやすいのです。

実際、歯科業界でも同じことが言えるのだろうか?

確かに開業医は、2極化していて、うまくいっている開業医と苦労している開業医が見受けられます。

うまくいっている開業医は、患者さんとスタッフがいつも多く活気づいています。

時代とともに、成功しやすい歯科医院、失敗しやすい歯科医院は移り変わっていきます。

当然、患者さんのニーズも変わり、人口構造も変わっていきます。昨今では、高齢者・外国人のニーズがどんどん増えて、求めてくる環境・治療も変わってきています。

30年前の歯科業界は、どうでしょう?
ちょうど私が歯科業界に入り込んだ時代です。

当時は、インプラントやホワイトニングがメインではなく、まだまだゴールドやセラミックが最高峰でした。昨今のようにニーズが白い歯ではなく、いかに自然に近い形態・色を出せるかで、技術の評価がされておりました。

更に30年前になるとセラミックはメインではなくバケツ冠や界面金冠といった金属がメインでした。
特にゴールドは富裕層にとっては、ステータスでした。白いよりもゴールドの光でした。

では、未来の歯科医院はどうなるのかが知りたいところですが、時代とともに、求められるニーズ・文化によって「成功しやすい歯科医院」は移り変わっていくのです。

最近、新しいビジネスモデルを計画していた歯科医師に会いました。

口腔リハビリテーション専門の外来の歯科医院計画でした。
まさに、時代にあった超高齢化社会を迎えて生活を支える医療をテーマに特化した歯科医院づくりでした。

発想的には、訪問診療になりがちですが、特化することによってひろいエリアから来院してもらう戦略でした。

生物であるからには、口からものを食べる欲求は消えません。
摂食嚥下運動は、未来の身近な専門分野になりえそうです。

このように「時代の変化」に適応することを目標にすればビジネスは成功していきやすいのです。

変化を恐れず時代にあった求められる歯科医院づくりを目標に、開業を考えていきましょう!!


今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!

感謝を込めて!


*開業・運営に関するご質問がありましたら、どんなことでもご相談ください。

*開業には、弊社の”ヘルスガード開業パック”をおすすめします!

*ホームページの閲覧は、次のヘルスガード企画をクリックしてください!

ヘルスガード企画




レバレッジって何?

レバレッジって聞いたことありましたか?
何のことか、さっぱりわからない人もいると思います。
実は、ここに売上や利益を高めていく力が潜んでおります。
良く耳にするのが、テコの原理を使ったマーケティング戦略だと思われている方も多いと思います。
ここのツボは、テコの原理をつかって相手と自分も最大限プラスにしていくことで成功を掴めます。
相手方にブレずに永続的にプラスを与え続けることができるかです。相手がマイナスを出してきてもブレずにプラスを出し続けられるか?です。
ここが理解されて初めてこのレバレッジの法則を使いこなせます。

一般的には、他人のお金、労力、アイデア、時間、経験・体験を使って医院の売上や利益を高めていくことができます。
当然、医院努力もあります。

レバレッジをかける医院の方向性(内部・外部)は、どんどん掛け算になっていきます。
逆に、方向性を間違えると全てがムダになってしまいます。

また、ここで単に売上や利益を高めていくことにこだわり過ぎるとレバレッジをかけても、相手も自分も最大限のプラスの結果は得られません。

方向性によって誰に対してレバレッジ(アピール)していくかが変わるからです。もちろん方向性=ゴールが違っていても基本路線が必要になるのです。それは、最大限のプラスを与えるという基本路線です。

方向性については、有名な話で、「れんが職人」がございます。

旅人がある町を通りかかりました。
その町では、新しい教会が建設されているところであり、
建設現場では、3人のれんが職人が働いていました。
その仕事に興味を持った旅人は、1人のれんが職人に尋ねました。

「あなたは、何をしているのですか?」

その問いに対して、1人目のれんが職人は、
何を当たり前の事を聞くのだと、
不愉快そうな表情を浮かべ、ぶっきらぼうに答えました。

「生活をするために決まっているじゃないか。
 俺には食べさせないといけない家族がいる。
 そのために金を稼がないとな!」

旅人は、2人目のれんが職人に、同じ事を尋ねました。
そして、石切り職人は汗を拭きながら、こう答えました。

「この大きくて固い石を切る為に、一生懸命努力しているのさ。
 腕を上げて、いつか村一番の職人になるんだ!」

旅人は、3人目のれんが職人に、同じ事を尋ねました。
れんが職人は、目を輝かせ、こう答えました。

「ええ、いま、私は、
 多くの人々の安らぎの場となる素晴らしい教会を造っているのです。」
 
この話が示しているように、それぞれの仕事の捉え方がございます。

歯科医院にも、スタッフの向かう方向性と患者さんが向かいたいゴールがございます。

これからの開業はスタッフになった人や来院された患者さんが、自分の目的をはっきりと見付け、ゴールに到達して、喜んでいる姿を見るために開業してください。
そうなれば、その人たちが素晴らしい歯科医院を院長と一緒に作り出すことになるでしょう。

すぐれた院長とは、スタッフや患者さんをそれぞれのゴールへ導ける人です。

ゴールを確信して生きがいを持てるスタッフが増えてくれば結果として、患者さんに「こんなすばらしい歯科医院をつくっています」と語れるスタッフが増え、さらに共感する人が集まり、集まった人たちがその良さをどんどん伝え広めていくことになります。

ただ、虫歯を見つけて治しているだけだといずれ滅びていきます。
時代が要求している方向性を見出して、「誰と組むか」でどんどんレバレッジを活かしていってください。


今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!

感謝を込めて!


*開業・運営に関するご質問がありましたら、どんなことでもご相談ください。

*開業には、弊社の”ヘルスガード開業パック”をおすすめします!

*ホームページの閲覧は、次のヘルスガード企画をクリックしてください!

ヘルスガード企画


医院経営の寿命を延ばし続けるには。

やっと、開業しても安心できる時代では無くなりました。
飽和時代から自然淘汰される時代になってきているからです。
安心して医院経営を延ばす方法は無かろうか?
実際、一般社会において日本の会社は約420万社あって、そのうち大企業が12万社、上場企業が3,000社~4,000社の構成です。上場企業は0.1%程度です。
大企業ですら何も考えずに車だけを売ってる時代では無くなり、それだけでは永く安定的な収益は得られません。
生き残れる確率は、設立5年で約85%の企業が廃業・倒産している現実がございます。
その厳しさの要因には、日本の場合、高い税率、競合の飛躍、顧客ニーズの多様化・変化・スピードの速さがあります。
つまり、歯科医院の新規開業も、開業するのと存続させるのとでは別のプロセスや別の思考パターンが必要になっているのです。
また、医療法人にしてトータルの売り上げが上がっても、反面事業規模が大きくなった分、こけた時のダメージはとても大きくなってきています。最悪は分院廃止や売却になっています。
医院を存続させるには、業界の風潮には自由診療を取り組まなければ売上は上がらないとか?セミナーや雑誌の対談から見受けられますが、注目すべきことは、自由診療で何が儲かるかではなく、どうやって売上を上げていくか?です。
つまり売上を上げるポイントが昨今、間違ってきております。
多店舗展開で売上をつくる時代から1つの医院の診療に厚みを増していく時代に突入しています。
それには、現状の診療の中から利益の核となる治療をつくりそこにレバレッジをかけていくことです。例えば外来診療から新たに訪問診療を立ち上げて、そこにレバレッジをかけていく方法です。
儲けの源泉は、歯科事業問わず全ての事業は「信用」です。
それには、儲かる秘訣はレバレッジの部分だったです。
お金は、信用を築いていくと後からお金が集まってきます。
もちろん売上や利益を高めていくことは、医院努力も必要になってきます。
開業後に自分の収入を大きくしていきたいのなら、先ずは1件目の歯科医院は身の丈にあった開業をしていき稼ぎ続けていく為には、4つの事業方針の方向性があります。
1、稼ぎ続けるには、利益の源泉「信用」を確保し続けることです。
2、新規事業をつくる
3、他院を買う
4、医院の信用実績で金融機関から資金調達をして投資する
以上の方向性によって「誰に」対してアピールしていくかが変わってきます。もちろん混在しても良いが基本路線が必要です。方向性なくただ医院経営をしているだけでは、いずれ医院は滅びてきます。
だんだん日本の場合は高齢社会の中で、ただ病気を治していく時代から「健康」を求めてくる時代に変化してきています。肉体的・精神的にも。
再度、本物の医療とは?または健康とは何なのか?を求めてみてください。
新しい事業が眠ってるかも知れません。

今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!

感謝を込めて!


*開業・運営に関するご質問がありましたら、どんなことでもご相談ください。

*開業には、弊社の”ヘルスガード開業パック”をおすすめします!

*ホームページの閲覧は、次のヘルスガード企画をクリックしてください!

ヘルスガード企画


優秀な人材は見つからない。優秀な人材を育てる時代です。

開業医にとって永遠のテーマであるスタッフと患者さんの問題はどの時代でも解決策が見つからず特に人材募集について悩まれている開業医がどんどん増えています。
欲しい人材は「優秀な人材」と「即戦力の人材」です。その人材を探すためにあらゆる人材募集をネットや媒体誌で探されています。または大学・スタディー関係者から探されております。
そこから優秀な人材を採用するために優秀な条件をあげて時間と賃金条件で解決しようとしているところが、まだまだ多いです。
「時間」と「賃金条件」は優秀な人材が確保できなければ出来ない程、好条件は求人側から増えてきます。
そこに力を入れて求人活動を行っていても実務的な活動はすべて求人会社にお任せしている歯科医院が多いです。
そして面接希望者にお会いして面接しながら優秀な人材を探していく活動に力を入れ過ぎて実際、優秀な人材が見つからず落ち込んでいってしまう開業医が多いです。

時代は、これから若年労働力が一気に減少してくる時代です。そこから優秀な人材を探していくのは至難の業です。
これからは、優秀な人材を探す発想から「採ってはならない人材を採らない活動」に切り替えて優秀な人材を育てる環境と「能力・知識・経験」よりも人物タイプの見極めが重要です。
少ない人材から優秀な人材を見つけるには育てていくのが一番の近道です。その為には個性と適性・パーソナリティーを見落とさない面接が大切です。
個性と適性にはその人にあったものがあります。要するに向き不向きです。どんなにやる気・意欲があっても適性がなければ後でお互いに苦労するだけです。優秀な条件に適合するかではなく理解力と最低限のIQをもっていれば合格です。開業医がその人の個性と適性を合わせて優秀な人材を育てていくかが重要です。優秀な人材が育てば優秀な人材が同一結集で採れてきます。

今の時代は優秀な人材は、雇用者側が離さないし辞めてしまえば損失が大きくその後の穴が簡単に埋まりません。また、歯科医師の場合は優秀であれば正直、開業していっています。

乱暴な言い方をすれば三流、四流からポテンシャルの高い原石を発見してそれを即戦力化していくのが開業医にとっての宿命です。

個性・適性を開業医が業界の中においてどこで発揮できるかを見つけてあげてスタッフが働くことが楽しくなるように事業分野を選べるようにしていくのも時代にあった人材募集になります。

めげずに人材を育てていきましょう!!


今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!

感謝を込めて!


*開業・運営に関するご質問がありましたら、どんなことでもご相談ください。

*開業には、弊社の”ヘルスガード開業パック”をおすすめします!

*ホームページの閲覧は、次のヘルスガード企画をクリックしてください!

ヘルスガード企画




体験話は財産です。

最近、物件探しの相談を多く受けますが、年齢の若い先生と年配者と両極端です。
いくつまでに開業するという決めごとはありませんが、同じに開業されても同じように成功されておりません。
その違いは、体験から成功されていく先生と知識から開業されて成功されてない先生がおります。
また、体験から動いている先生は決断力が早く時間に余裕があります。知識から開業しようとして年齢が38歳以上になるとより慎重に時間をかけて物件探しだけになっています。そういう先生の話を聞いていると体験力が無くて苦しんでいるように見えてしまいます。時間だけが刻々と流れて失敗したときに立ち直れない恐怖心だけが大きくなっている感じがします。

昨今の中学校でも同じです。私がそのころには技術家庭という科目があって椅子やラジオなどノミ、のこぎり、はんだごてなどあぶないと言われる器具をたくさん使って物をつくらせてもらいました。
その体験から日曜大工やビジネスアイデアが生まれてきています。
しかし、昨今の学校では危ないことは削除して、危なくない経験を増やしています。

ケガをしない体験をしなければケガはしません。しかし、豊富な体験から生まれてくるアイデアはでてきません。

開業でも同じです。失敗しないように開業を考えている先生は間違っておりませんが、体験を恐れ開業に慎重になって不安ばかり多く持ち理想がその分大きくなってきています。

失敗はタブーですが、「失敗は成功のもと」と言葉がありますように、失敗を体感しない限り成功には近づきません。

確かに失敗すればリスクを生じますが、立ち直れるリスクと絶望的なリスクがあります。苦労にも2種類あって「意味のない苦労」と「しょうもない苦労」があります。

乱暴な言い方ですが、私は新規の先生には「無駄な苦労」を避けるように勧めています。

それは、私が30年間体験をした経験から話しています。

知識だけの話は、人には響きません。体験話は人に響きます。この違いは患者さんにも伝わります。

今、都心の居抜きで開業のお手伝いをしている先生の強みはインビザライン矯正でした。
その先生は、自らインビザライン矯正を体験しているところでした。勉強会にも参加されていて知識と体験を融合されていました。

その先生は、借り入れをするときにも金融機関に対してインビザラインのターゲット層や単価や診療方針が明確の中で説明していましたので、苦労なく借り入れが実行されました。

貸す側に、先生の体験話が響いたからだと感じています。
貸すほうも成功される要素が無ければ正直、新規の歯科医院には避けようとします。

是非、借り入れをスムーズにしていく為にも体験話しをいっぱい用意しておいて下さい。

技術以外の体験話も有効です。

体験話から成功を導く戦略があれば成功します。必ず勝てます。あまり慎重になり過ぎないでください。

諸葛孔明のように、体験から先を見通してピンチをチャンスにしていってください。


今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!

感謝を込めて!


*開業・運営に関するご質問がありましたら、どんなことでもご相談ください。

*開業には、弊社の”ヘルスガード開業パック”をおすすめします!

*ホームページの閲覧は、次のヘルスガード企画をクリックしてください!

ヘルスガード企画


豊かさを求めて!!

2015年、新年明けましておめでとうございます。
気持ちがリセットできましたか?
今年は、どんな年になるでしょうか?
昨年から感じるのが、市場の動きが活発化しています。
スピーディーになっています。
1年がアッという間に過ぎていく感じがしています。
今年は、多くの国民が経済的な豊かさを求めている感じがしますが、あなたはどんな豊かさをこの1年で望んでいますか?
「精神的な豊かさ」「健康的な豊かさ」「時間的な豊かさ」「知識的な豊かさ」「愛情の豊かさ」などなど個人によってゴールが違っています。
ただ、「豊かさ」を感じられるのはうまくいっている時に体感できる時間です。
昨年、医療法人社団因幡会の忘年会に参加させて頂いた時に感じたのは未来への「豊かさ」を感じました。より素晴らしい未来を創るパワーが過去の実績から感じられました。
分院展開のスピードは、私の経験には無いくらい加速された展開でした。同時にパワーのある仲間(スタッフ)の存在でした。
林理事長の最後の言葉に、過去について、イフ「もし」自分が過去に戻りたい時代はありますか?と問われた時に理事長自身は、過去に戻りたい自分がいないという答えが返ってきました。

林理事長は、自分の過去の中から、うまくいったパターンを見つけて、そのパターンに集中することによって、より容易により素晴らしい未来を創ることが大切だというメッセジーを発信していました。

林理事長の強みは、「決断力」と「自分に正直で素直なこと」が強みに感じます。
また、ポテンシャルの高い未来を語れることによって、素晴らしい仲間(スタッフ)がどんどん集まって毎年スキルアップしていて医療法人と一緒に成長しています。

「決断力」はスピードになります。「自分に正直に素直なこと」は集中力が増します。
「仲間」は相乗効果を増します。プラスにもマイナスにも。

豊かさは、過去にはありません。目の前にある豊かさが本物です。
うまくいった過去を糧に未来に繋げていけるかが勝負です。最高のポジションは、結果を出した時点から続く未来です。

話は変わりますが、日本のうまくいった時代は、まさに団塊の世代の時代です。
これからの日本の豊かさは平成に時代が移り、市場と感情が変化している中で、
市場をより見て戦略的に一歩新しいものに踏み込めるかの決断力が決め手になってくる時代だと感じています。
それには、情報収集も大切ですけれでも、求められる市場(海外・介護・業界など)にフォーカスして動けるかです。

新年からあなたにとって価値ある一歩を踏み込んでいってください。
大切なのは「自分」でしょ。常に自分軸で考えていってください。他人がどんなに儲けていても、どんなに成功されていても関係ありません。落ち込むこともありません。あなたがどう「ありたい」かです。自分のポジティブな感情に素直になって行動していきましょう!!

今年も、1年よろしくお願い申し上げます。


今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!

感謝を込めて!


*開業・運営に関するご質問がありましたら、どんなことでもご相談ください。

*開業には、弊社の”ヘルスガード開業パック”をおすすめします!

*ホームページの閲覧は、次のヘルスガード企画をクリックしてください!

ヘルスガード企画


ハングリーパワー

今年も、残り僅か12日です。
この12日で、何かを達成する方と来年に目標をズラしてしまう方がおります。
後者は、良く言えば「マイペース」です。悪く言ったら決断力が弱く優柔不断です。
開業も、同じ準備時間を使っていてもオープン時の成果がかなり変わってしまう方がおります。
時間の使い方は、特に年末になると大きな差がでてきます。今年が終わるという区切りに対して諦める理由になるからです。
違いは諦めない力と先延ばしにしてしまう判断力です。
諦めない力の強い方は、どこかで必ずハングリー的な力が身についています。
目の前のものに対して100%参加していることです。目の前の出来ることと出来ないことを瞬時に判断して出来る限り
出来る可能性を信じて動いています。一歩一歩進んでいます。
諦める方は、目の前の出来ない理由を多く並べて諦めるための正当な理由を多く作り出します。
そして、自力で何かを掴むのではなく他人の声・評価に素直になって希望・期待から不安・絶望に気持ちがシフトしてしまうことです。
失敗しないように成功を考える方のパターンです。
そして、失敗しないように動かなくなること。また、ネガティブに考えている時は後退しているときです。
時間・お金に余裕のある方は、失敗しないように動いている方が目立ちます。
逆に時間・お金に恵まれていない方のほうが、その苦しみから恵まれた環境を手にするために成功できるアイデアを多くシュミレーションして成功イメージを明確に作り出しています。それが予定通りいかなくても倒れません。
次の成功シュミレーションを試しています。これが正に「失敗は成功のもと」と言われている成功の源泉を掘り当てています。
小さな成功が多くなればなるほど反対に自信が大きくなっていきます。
成功者には、必ず原動力があります。倒れない力です。

さて、残りの時間で今年は何を手に出来るでしょうか?
是非、原動力を自分のマインドに備えてください。練習していれば出来なかった逆上がりでも必ず出来るようになります。失敗を重ねて必ず逆上がりができるイメージを強く持てば火事場の馬鹿力がでます。


今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!

感謝を込めて!


*開業・運営に関するご質問がありましたら、どんなことでもご相談ください。

*開業には、弊社の”ヘルスガード開業パック”をおすすめします!

*ホームページの閲覧は、次のヘルスガード企画をクリックしてください!

ヘルスガード企画



販促費の確保が重要!!

新規開業においては立地が重要と思っておられる先生が大半です。
また、ようやく場所が決まって開業に向けて進めていくと意外にもやること、決めることが多くおまけにお金がかかります。
やっと借り入れをして融資が実行されても、目の前を通過するだけであっという間に現金を目の当たりにせず消えてしまいます。
その大半が医療設備と内装・看板工事費となってテナントで開業するとそこに保証金などの不動産契約金と家具・家電・什器備品がまたかかってきてしまいます。
それに運転資金が最短で4ケ月間みたとしても700万円くらいかかってしまいます。
ここまではイニシャルコストと現金(運転資金)でプールしておくお金になります。

問題は、販促費は開業直前に必要になる為、開業間際になると借入額がほとんど消費されてしまい正直1万円でもこの時期になると出し惜しみしたくなる時期になっていること。
また、手元にお金が残っていても今度はなぜか?見えない患者さんの不安から少しでも運転資金に残しておきたいという心理が働いてお金を使わなくなること又は借金という悪いイメージから最初から借入額を必要最小限に留め資金余裕がない状態で開業準備をしていて資金が残らなくなっている状態です。

この時に、何にお金をかけたくないか?というと販促費です。集客の難しさを知っている先生は別ですが、問題はここでも見えない効果にあまりお金をかけたくないという心理が働くと、ほとんどの先生は昔ながらの考え方になって、きちんと丁寧な治療と腕さえあれば患者さんはジワジワ来ると思い込まれてしまっている発想です。

この飽和している歯科医院の状況下では、腕と集客は正直結びつきません。リピーターと経営寿命は結びつきます。
問題は、開業当初の集客とテクニカルスキルは別物だと言うことです。

集客には患者さんの気持ちになって患者さん側の問題に視点をおいてそこを潰していきながら安心できる医院の見せ方と露出度で集客の早さが決まります。

誤って患者獲得単価を上げずにオープンした開業医は開業時にダメージを受けております。
1週間もしないで、相談の連絡が入ります。

新規開業には「患者獲得単価」を上げながら集客していく予算枠が無ければスタートダッシュはできない時代です。
お金をかけずに患者を増やす相談が良く先生から尋ねられますが、「集客」はそんな優しいテクニックはありません。
もしお金をかけずに患者さんを集めるとしたら患者さんの気持ちになってあなたが歯科人生の中で養った経験・体現・情報などから生まれてくる患者利益に繋がるアイデアしかありません。アイデアにはお金がかかりません。但し、それを発信する販促費はかかります。

よって、販促費の予算は必ず取っておいてください。


今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!

感謝を込めて!


*開業・運営に関するご質問がありましたら、どんなことでもご相談ください。

*開業には、弊社の”ヘルスガード開業パック”をおすすめします!

*ホームページの閲覧は、次のヘルスガード企画をクリックしてください!

ヘルスガード企画


勘違い!

平成18年以降から卒後の臨床研修医制度が始まりました。
順番で言うと先ずは大学の卒業試験に受かって国家試験に合格してから臨床研修医の指定された病院・診療所で1年間、受けなければなりません。
任期が終了すれば適正であれば厚労省から「臨床研修修了登録証」が発行されます。
この制度で勘違いされているところは、国家資格が合格してから強制ではないので、中には受けない方もおります。
その場合、将来開業医を目指さなければ必要ないと思っている先生がおりますが、登録証が無ければ当然、開業はできません。
問題は、国家資格があっても修了証がなければ勤務医になれないということです。
開業だけが出来ないのではなくて勤務医として治療行為も出来なくなることがリスクです。
私も、最初は開業が出来なくなるリスクだけかと思っておりましたが厚労省に確認したところ、医療法には診療に従事する者は平成18年以降、臨床研修医を受ける必要性があるとなっております。
よって、受けていなければ診療行為を行う勤務医にはなれないというのが結論でした。

このことを知らない保健所の方も中にはいて、勤務医として受理しているところもあるそうです。

もし、勘違いで臨床研修医制度を卒後受けていなければ早めに臨床研修医制度を受けてください。
残念ながら国家資格があっても、臨床では歯科衛生士業務と歯科技工士業務しかできなくなります。
他には、受付およびマネジメントにて現場で視点を変えていくしかありません。

ご注意ください。


今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!

感謝を込めて!


*開業・運営に関するご質問がありましたら、どんなことでもご相談ください。

*開業には、弊社の”ヘルスガード開業パック”をおすすめします!

*ホームページの閲覧は、次のヘルスガード企画をクリックしてください!

ヘルスガード企画


院内研修を強化

開業前の準備で、立ち上がりの速度が変わります。
昔は、立地で立ち上がりの速度が変わり、今でもそこは影響がありますが、それだけでは安定しません。
また、立地の良い場所になると個人・法人の歯科医院問わず次から次へと競合が増えてきます。そんな中で他院との差別化を図る為に医療設備をより良いものを当初からCCDレントゲンまたはCT・マイクロスコープ・レーザなどを入れ込んで集客に繋げていく医院もありますが、それだけでも差別化にはなりません。
差別化は内装にも発展していき閉鎖的な医院から開放的な医院、見せる医院とだんだんと美容室に近い雰囲気やライティングのこった医院も出始めました。
今までは、立地・設備・内装に力を入れてきていましたが、昨今では内覧会を設けて医院の特徴、専門性を公開して患者さんを増やす手法に変わってきました。やっとハードからソフトの差別化に変化してきました。
内覧会が進むと、その先は人的要素で立ち上がりの速度が変わってきます。
内覧会は、あくまでも第三者の人的要素の力を借りてスタートダッシュしています。
これからは、その先が無いと無断キャンセルなど患者の消滅率が高まっていくいっぽうです。

ここで、注目していくには内覧会とは別に院内研修に時間をかけて準備周到されてきているかです。
但し、院内研修の中でも設備の研修の他に接遇・コーチングなどのような指導もありますが、ここではスタッフ間で患者さんの気持ちを想定して院内の中で想定外になり得ることをなるべく少なくできるように想定内の項目を院内で研修しているかです。それがあって初めて患者は不安から安心に変わってきます。

ソフトで集客できれば人は簡単に動きません。

是非、開業前にしっかり院内研修を行っておいてください。

例えば、電話対応・紹介者の確認・痛みがひどい、噛めない、今日診て欲しい、すぐ診て欲しいなどの緊急の場合や少し痛んだり、しみるなどの対応、検診希望の場合の対応など患者さんはそれぞれ目的を持って医院に訪れます。

また、無断キャンセルの対策なども院内研修で想定して準備が必要です。特に新患に対してイニシャルインタビューです。
そこに、傾聴・観察・受容・確認・共感のストーリーが備わっているかが重要です。無ければ恐らく無意味な雑談で時間が経過していきます。

成功されている医院は、必ずここを必要以上に開業前に時間とお金をかけています。

*その前に「誰と組むか」のスタッフ募集・面接も大事になります。ご注意ください。

時代にあった開業医になっていきましょう!!


今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!

感謝を込めて!


*開業・運営に関するご質問がありましたら、どんなことでもご相談ください。

*開業には、弊社の”ヘルスガード開業パック”をおすすめします!

*ホームページの閲覧は、次のヘルスガード企画をクリックしてください!

ヘルスガード企画


勤務医(即戦力型)歯科医師減少時代!!

歯科医院過剰時代は、相変わらず過剰していて平成26年4月から5月の1ケ月で開業医は39件増えております。当然、閉院されている歯科医院も増えている中で開業医院数が伸びています。自信のある先生、できる先生は年齢問わず個人開業されていきます。また、医療法人は複数の分院展開もしております。
ここで、業界がどう変化しているかが良く見えてきます。
なぜならば、ここにきて居抜きの数が増えてきていることです。居抜きは前から市場にでてるよ!と言われますが、居抜きの種類です。極端に増えて来ているのが高齢者の開業医の居抜きと医療法人の分院です。
団塊の世代の開業医が、だんだんと幕引きに入ってきております。一方、医療法人の分院の管理不能です。
管理者不在による居抜き物件です。
どういうことか?と言うと、即戦力となる歯科医師の勤務医数がどんどん減少してきているのです
先ほどお伝えした通りできる先生は、開業してしまいます。
そうなると、即戦力の勤務医が開業されていくと後任に即戦力の勤務医を探します。
昔は、ネットの求人募集にだせばすぐ勤務医が見つかりました。
今は、募集すると50代から60代の歯科医師と若い歯科医師特に女医さんが集まります。
この属性は、開業医側から見たらあまり好ましくない属性になります。
欲しいのは、即戦力の歯科医師です。ここの属性(勤務医)が極端に減少してきています。

一時は、歯科衛生士が足りないと注目されましたが、今も同様歯科衛生士は簡単に集まりません。そこにかけて即戦力の歯科医師の勤務医が見つかりにくくなってきているのです。
特に管理責任者となる分院長です。

ここの分院長の勤務医が見つかりにくくなると、黒字倒産が増えてくるのです!!

それと合わせて歯科医師のドロップアウトです。その先は海外進出です。

この流れは実は20年前に歯科技工士の業界が直面されておりました。

今は、歯科医師がここにきて同じ状況を直面してきています。

今後の戦力のカギは、実は女医さんです。

女医さんの働きやすい職場をつくれる開業医は、生き残れます。

昨年の国家試験の合格率も女医さんのほうが上回ってきています。

これから開業を考えていく先生は、現状を見据えて寿命の永い歯科医院づくりをしてください。

ピンチが必ずチャンスに変わります!!



人間力!!

最近、内覧会を行いましたが生憎悪天候で3日間ずっと雨でした。
結果、来場者はそんなに多く来たわけではありませんが、予約が65人も入りました。
その数字が多いか少ないかはわかりませんが、天候によって来場者が多くても予約が少ない医院が過去見受けれられました。最初は、内覧会業者のスキルの違いかと思っておりましたが、今回、横須賀で新規開業の内覧会をやってみてわかってきました。
結果の違いは、内覧会業者のスキルの違いではなくて院長・スタッフの人間力の強さだと感じました。当然、内覧会業者の集客力のスキルの違いもありますが、今回のケースで言えば3日間雨の中来場者が177人でも65人のアポイントが入った結果は、スタッフの知識はさて置き人間としてのあたたかさ、安心感を凄く感じました。
別に、特別なセミナーを受けたわけでもなく自然の振る舞い・行動が来場者にとっては、スタッフの対応によってスタッフへの信頼感を持ち帰っていました。
そこには、院長の器・人間力が比例していて、似た者同士ではないけれど同じいような気持ちのスタッフが今回縁あって採用されておりました。
以前、医療法人の分院の内覧会に参加した時は、天候にも恵まれ来場者も多く来られておりましたがアポイントは少なかったです。今思うと場所柄厳しいエリアだったのかもと感じていましたが、3日間の内覧会には理事長は参加せず院長は雇われでしたので、積極的には自分を出していない感じでした。当然スタッフも同じようなモチベーションでした。

流行っている医院は、院長・理事長・スタッフの人間力がどこも高いです。

では、人間力は知識が高いことだでは比例せずに、院長の器と決断力です。
私も多くの院長と出会ってきておりますが、本当にマーケティング力も高く知識も高い先生がおりましたが、以外に流行っておりません。ざっくり言うと空気がギスギスしている感じで、無駄がなく考え方も素晴らしいものを持っております。但し、遊びがありません。結果だけを求めすぎております。その代わり結果を出すための取り組みの決断力がとにかく遅い先生が多いです。恐らく失敗しないように考えすぎているものだと感じます。失敗を受け入れようという気持ちがありません。致命的な失敗をあえてするのは賢くありませんが、冒険して結果が出ない失敗は、結果を出すための次のアイデアが生まれてきます。ここで次に向けてすぐ行動できるかです。

成功されている院長・理事長は、知識は高く経営力もありますが、遊び心もあります。また、1回1回の結果にブレない心が備わっております。思うようにいかない結果が出たとしても、成功されている先生はトータルで成功を考えております。但し、失敗しても成功するためにどうしたら良いかを考えて、可能性があるものには即決断して動いております。

ある意味いい加減さもあります。但し、スタッフに何かあった場合、患者さんに何かあった場合は、責任を取る意識が無意意識についているように感じます。

以前、汐留で知り合った院長は業界でも有名なくらい人間力の高い先生がおりました。学生のころはアメフトの主将もされていたようでしたが、その大学の後輩とかにその院長のことを聞くと全員が知っておりました。

なぜ、そこまで有名なのかを訪ねてみると男気でした。損を承知でも困っている後輩を見ると黙っておらず無償でインプラントのライブオペを後輩の医院にいって披露したり意図的にではなく感情で動いている背景が伺えました。

例えいい加減なところがあっても、成功する為の想いが強く常に成果を出すために冒険をして変化しております。

多くの開業医は、頭では考えておりますが机上の空論で終わっている先生が意外に多いように感じます。

スタッフとの信頼感が強くなればなるほど。患者は医院への信頼感はどんどん強まってきます。

人間力を磨いていってください。そこには信頼感が高まり安心感が生まれてきます。


今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!

感謝を込めて!


*開業・運営に関するご質問がありましたら、どんなことでもご相談ください。

*開業には、弊社の”ヘルスガード開業パック”をおすすめします!

*ホームページの閲覧は、次のヘルスガード企画をクリックしてください!

ヘルスガード企画



ミーティング

院長は医院の目指す方向を明確に具体的に肯定的にもっておられますか?
その方向性を正直に自己表現していますか?それをスタッフは共有・理解されていますか?
また、そこの目的地に本気でコミットメントしていますか?スタッフはそこに参加100%行動しておりますか?
結果について責任は持っておられますか?

医院は、院長のものではありません。個々の目的を達成する為の通過点です。
むしろ院長は医院に雇われているイメージで、目的地に向かう舵を担うリーダーであることです。

ひとりの力より個の集団の力ほど強いものはありません。
結果までの時間が加速します。

今回はスタッフミーティングの話ですが、まず、朝礼・終礼を取られていない医院があってミーティングさえもしていない医院があります。これでは、医院の目指すベクトルが合致しません。

週に1回だけでも1時間あるいは3時間または1日スタッフミーティングするだけで売上は上がります。
患者さんが増えてきます。

患者はスタッフの為に約束を破らなくなります。

ミーティングで一番やって欲しくない事は医院の売上についてスタッフに求める事です。スタッフにマネージメントを教えようとしている院長がおりますが、目的がボケてきます。
スタッフには、患者満足度を高めていく為の努力をどう高めていくことがテーマになります。売上は院長の責任です。

7月に横須賀で新規オープンする先生と久里浜で開業されているマリン歯科のミーティングに参加させて頂きましたが非常にスタッフは積極的にブレストミーティングをしていました。

院長の方向性がまた絶妙で、スタッフのひとりひとりのできる範囲で医院で1番にしていきたいことを発表させていました。決して大きな目標で1番を考えさせていませんでした。理由は大きな目標、できない約束をしても達成できなければ苦しさしか残らないからとの理由でした。

それぞれのスタッフの持った強みを活かして患者の満足度を上げていく内容でしたが、人は長所・短所がある中でどっちを意識するかです。

短所を補うには修行のような努力をして普通になっても長所を更に伸ばしたほうが結果がでて達成感と楽しさが残ります。
楽しい事って悪いことと思っている方がおりますが、仕事で楽しさを感じない方は逆に不幸に感じます。努力は苦痛ではありません。エンジョイです。

楽しい事は、時間を忘れ苦痛さえも感じません。気がつくと周囲から評価され才能だとも言われますが、それは潜在能力です。
チーム医療をつくるには先ずは個の集団をつくって、ミーティングがこれから必須になる時代だと常々感じます。

私も、多くの医院を拝見してきましたが、成功されているところは必ずチーム医療ができています。
そして、そこには笑顔と感動が多く集まっております。

チーム医療にも顕在意識で動いて医院と潜在意識で動いている医院がありますが、潜在意識で動いている医院のほうが感動が多く生まれいます。

以前、埼玉の加須で開業されている歯科医院の見学をさせてもらったところのスタッフは、まさに潜在意識で動いていたスタッフの集まりでした。感動が多く集まっておりました。院長は、現在ハッピーリタイヤしております。

是非、スタッフミーティングをしていきましょう!!


今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!

感謝を込めて!


*開業・運営に関するご質問がありましたら、どんなことでもご相談ください。

*開業には、弊社の”ヘルスガード開業パック”をおすすめします!

*ホームページの閲覧は、次のヘルスガード企画をクリックしてください!

ヘルスガード企画



願望!!

願望は叶う!!と最近よく聞く言葉です。イチローやACミランの本田圭佑や天才ゴルファーと言われている石川遼くんの幼少時代の作文がよく紹介されていますが、まさに作文の内容のとおり夢が叶っている現実をつくっていることに対して夢は書くことによって叶うものだと思い込んでいる人たちが、願望ノートやら夢日記を購入して売れているようですが、書いて夢が叶うもんじゃないと思います。
願望や夢は、その人が夢に向かっている以前に、本気で自分と向き合った姿に対してなりたい自分を描き覚悟できた時に夢を手に入れて、その夢に向かって自分に対してストイックにポジティブに努力し続けることができるかだと思います。
本気で自分と向き合う事によって、恐らく好きな自分でいられるスポーツや仕事の土台となる経験が夢に変わってストイックに人より努力し続けたことによって、天才と呼ばれるほどに評価されてくるものなのかなって感じています。

現在、医療ビルで7月にグランドオープンする先生のお手伝いをしていますが、その先生の場合は、開業の願望だけで、開業に必要な融資については、結果的に自己資金ゼロ、連帯保証人ナシ、無担保で融資の必要金額が5,000万円となり、その金額をつくるのに苦戦しました。なんとか5000万円は好条件で金融機関3ケ所から実行してもらう事ができました。

振り返ると、その先生は都内の医療法人の分院の副院長を10年されている実績があって、年間8,000万円ほどの売上をつくっていて、年収も1200万円~1400万円の実績もあったお陰で、金融機関を説得する事が、結果的にできました。

それには、その先生の実績と融資額をつくる覚悟があって、金融機関へのアプローチなどアグレッシブに行動していたことによって、周囲を巻き込み、その中でもエネルギーの高い仲間たちが集まりだし、不安を打ち消すような計画が開業前から計画ができたことによって、1つ1つの目標を実現していけました。


新規開業の成功は、勤務医の時に、自分と本気で向き合いどれだけストイックにその医院を貢献していけたかの実績や経験・体言によって、夢を計画に引き寄せていくように日々、先生を通じて感じています。

勤務医の先生方へ諦めずに、覚悟のうえでストイックに行動していきましょう!!


今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!

感謝を込めて!


*開業・運営に関するご質問がありましたら、どんなことでもご相談ください。

*開業には、弊社の”ヘルスガード開業パック”をおすすめします!

*ホームページの閲覧は、次のヘルスガード企画をクリックしてください!

ヘルスガード企画


Home

Categories
Recent Entries
Archives
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。